柳屋の周辺観光案内

柳屋から世界遺産登録・熊野古道へ

白浜温泉から近い『熊野古道』が、「高野山」「吉野・大峯」とともに、「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産登録されました。
また、柳屋の源泉は「行幸源泉」と呼ばれ、多くの宮人たちに愛された1300年余りの歴史を持つ由緒ある温泉です。
柳屋の湯に浸かり、熊野古道をお楽しみ下さい。

車で巡るモデルコース
一日目 大阪→(阪和自動車道・南紀田辺IC)→柳屋
(白浜温泉名所めぐり、外湯めぐりをお楽しみ下さい。
二日目 柳屋→滝尻王子・熊野古道館→福定の大銀杏→近露王子・なかへち美術館
  →熊野本宮大社→(引き返して栗栖川より高野龍神スカイライン方面へ)
  →高野山→大阪方面
※高野龍神スカイラインは、冬季チェーン必要

◆ 電車・飛行機でお越しのお客様は、タクシーで巡ることもできます。
 南紀ほんまもん王国「タクシーで王様気分・中辺路、本宮コース」

柳屋から世界遺産登録熊野古道・本宮大社へ

熊野古道ウォーク 衣裳レンタル&販売
柳屋では、JR西日本「聖なる森 熊野古道を歩く」キャンペーンの衣裳レンタルおよび販売を行なっています。
キャンペーンの詳細はこちら >JR西日本「聖なる森 熊野古道を歩く」(JR西日本)


熊野古道中辺路のみどころ

滝尻王子

滝尻王子

ここから熊野の聖地に入るとされ、熊野王子社の中でも格式の高い五体王子のひとつ。

熊野古道館

熊野古道館

滝尻王子の向かいに建つ熊野古道の資料館。

福定の大銀杏

福定の大銀杏

大きい上に形もきれいで、TVなどでも紹介される大銀杏。11月中旬から見頃。

牛馬童子像

牛馬童子像

熊野古道中辺路のシンボルとして親しまれる石像。大銀杏から旧道(狭い)を走れば、車ですぐ近くまで行くことが出来ます。

道の駅 熊野古道中辺路

道の駅熊野古道中辺路

国道311号沿いにある道の駅。牛馬童子像へは徒歩20分。

近露王子

近露王子

近露の里にある王子社。すぐ前になかへち美術館があります。

なかへち美術館

なかへち美術館

地元ゆかりの日本画家の作品を中心に展示。建物も一見の価値あり。

野中の一方杉

野中の一方杉

天を突くような十数本の杉の大木が、熊野大社の方角に枝を張り出していることから「一方杉」と呼ばれています。

熊野本宮大社

熊野本宮大社

熊野三社のひとつ。熊野詣での最初の大社であり、荘厳な雰囲気の佇まい。歩15分の旧社地「大斎原(おおゆのはら)」へも行ってみたい。

高野山のみどころ

大門

大門

高野山の入り口に建つ大門。一山の総門にふさわしい二階二重の大規模な門で、国内でも最大級の木造二重門です。

根元大塔

根元大塔

弘法大師が真言密教の根本道場として建立した大塔。高さ約48.5メートルの大きな多宝塔です。

総本山金剛峯寺

総本山金剛峯寺

「金剛峯寺」は真言密教の総本山である一山の総称。この建物は、以前は「青厳寺」と呼ばれ、太閤秀吉公が建立させたもので、明治に入り青厳寺の名を他に移し、金剛峯寺と呼ばれるようになりました。

このページのトップに戻る